WordPressアドレスとサイトアドレスの違いとGoogle AdSense審査への影響

ブログ作成

ここではWordPressアドレスとサイトアドレスの違いと、Google AdSense審査への影響についてまとめてみます。

  • 二つの違いについて知りたい人
  • サイトアドレスを変えたい人
  • WordPressアドレスを変えてしまった人
  • Google AdSense審査が「サイトの停止または利用不可」だった人

上記のいずれかについて検索した時に辿り着く内容をまとめてみました。

WordPressアドレスを変えてしまった人はとても焦っていると思います。私も訳もわからず変更してしまった人です。めっちゃ焦りました。何せWordPressダッシュボードへのログイン画面すら表示されませんからね。変更方法はまだ記載していません。今はまだそこまで書いていないので、お急ぎの方は別のサイトをご覧下さい。私は以下のサイトを参考にしました。

そして、サブディレクトリにWordPressをインストールしてGoogle AdSenseへ申請して不承認が連発する人、先に書いておきますがデフォルトのままでは審査は通らないです。めちゃくちゃアクセスがある人気ブログなら通るのかもしれないですが、、

変更が必要な理由は様々あると思いますが、変更する人は変更操作を良く確認しましょう。そして変更する前に必ずバックアップを取りましょう。

そもそもなぜ二つのアドレスがあるのか?

WordPressアドレス

WorsPressアドレスはWordPressのインストール先になります。そしてこれは変更してはいけません。WordPressダッシュボードにログインもできなくなります。

レンタルサーバーやインストール方法によって異なるかもしれませんが、WordPressをインストールする時に、インストール先を選べたと思います。私が使っているConoHa WINGだと下図のタイミングで選べます。何も知らないと悩むというか、何を入力しようか?で悩みます。全く予備知識無しだと空白と言う選択肢はなかなか思いつかないですね。

サイトアドレス

インターネットを使ってブログにアクセスするためのアドレスです。これは必要に応じて変更可能ですが、記事のURLにも影響しますのでできればWordPressインストール直後に変更しましょう。ある程度ブログが育った後は変更しない方が良いでしょう。デメリットはGoogle AdSenseの審査が通らない事くらいですし、その審査もサイトアドレスを変更せずに通す方法はあります。

どの設定がベストなのか?

WordPressしか使わないと決まっている場合は、WordPressインストール先は独自ドメインの直下にしましょう。独自ドメインを使って他のアプリケーションを使う場合、アプリケーション単位でフォルダ分けした方が管理がしやすいので、WordPressもサブディレクトリにインストールしましょう。

ConoHa WINGの場合、初期設定はWordPressインストール先と同じになります。たぶんほとんどのレンタルサーバーも同じだと思います。

WordPressはWordPressだけでサーバースペースを占有しようとは考えていません。いくつかあるWEBサービスのうちの一つとしてWordPressがある訳ですから、トップディレクトリ(この場合、独自ドメイン直下)よりもサブディレクトリにインストールするのを推奨しているようです。

でも、実際はWordPress以外のWEBサービスを導入する方が少数というか、企業サイトくらいじゃないかな?そのような使い方を想定しているのは、、

私のブログで確認しましょう

私のブログの場合、インストール先はhttps://mt-ktct.com/home/です。まったく無知でしたから入力欄があると埋めたくなるわけです。

今はサイトアドレスをhttps://mt-ktct.com/へ変更していますので、https://mt-ktct.com/で繋がりますが、インストール直後の設定はインターネットを使って私のブログを見るにはhttps://mt-ktct.com/home/にアクセスする必要がありました。

正直なところ不便は全くありませんでした。自分が自分のブログを確認する為にブックマークを利用していたので自分のブログのURLなんて気にしていなかったが正解ですね。

さらにブログを見に来る人は検索か被リンクから飛んできますし、直接URLを入力してアクセスする状況って想定していません。なので、サブディレクトリにインストールした事は特に気にならず記事をジャンジャン投稿し続けました。

サイトアドレスを変更する方法

内容が重たいのでPV使える環境で追記します。

WordPressアドレスを変更してしまった場合

こちらも内容が重たいのでPC使える環境で追記しますね

Google AdSenseの審査が通らない

審査が厳しいと話題のGoogle AdSenseへチャレンジした時に問題が発生しました。何回申請しても同じでした。

2019年1月15日に初申請しました。アドセンス申請開始

約4時間後に審査結果メール、不承認でした。不承認メール1

理由は「サイトの停止または利用不可」でした。

ブログへの記事初投稿が2019年1月14日だった事もあり「まだインデックスされていないのだろう」と勝手に理解し、Google search consoleなども駆使して再審査を繰り返しました。

え?何回繰り返したかって?

申請開始2
申請開始1

6回NGメールを頂きました(笑)しかも画像の通り短期間で再審査を繰り返しています。そして全て理由は「サイトの停止または利用不可」でした。いい加減直せよ、、と突っ込まれていた事でしょう。

そして2019年1月26日に再審査を依頼してからサイトアドレスを変更しました。するとGoogle AdSenseはこの画面から全く進まなくなりました。Google AdSenseに申し込みした事のある人にとってはお馴染みの画面ですね。審査待ち画面

1ヶ月近くこの画面のままでした。もう諦めていた時にダメ元で試したある方法で復活できました。そして今は無事に承認済みなので大丈夫です!

ここでお伝えしたいのは、サブディレクトリにWordPressをインストールしてサイトアドレスにサブディレクトリがある場合、そのままではGoogle AdSense審査は通らないって事です。