2時間でお弁当のおかずを4品作る

2月 27, 2019お弁当のおかずをまとめて作る

39才から料理を始めた私がなるべく簡単そうなレシピを選んで、自分で作ってみてやっぱり簡単だったと体感したレシピをまとめてご紹介します。

男が料理する事は決して珍しくありません

突然の単身赴任、奥さんや子供が体調を崩した、そもそも家事分業を取り入れているご家庭、料理をすべき理由は様々あれど「男だから」を理由に料理をしない、できないとは言えませんよね。

だからといって日常的に作るものすべてにおいて手の込んだ本格クッキングを望んではいないでしょう。じっくり料理と向き合うのは特別な日だけでも十分ですが、多少なりとも料理をして勘を育てておかないと、その特別な日にすら何もできないでしょう。
検索ワードでここに来られた方は、少なからず料理に関心がある方だと思いますので、せっかくなのでどれか一品作ってみませんか?

今回作るのはお弁当のおかず4品

こちらの4品です!

  1. Cpiconなす味噌炒め☆冷凍ok弁当作り置きおかず by ooガチュピンoo
  2. Cpiconなすチーズ焼☆冷凍o弁当作り置きおかず by ooガチュピンoo
  3. Cpiconお弁当用に冷凍!豚肉と玉ねぎの生姜焼き by ほっこり~の
  4. 超絶お手軽スパゲティ〜料理したと言うにはお手軽すぎて〜

諸事情により使用する素材が変更または追加している場合があります。私が使用した食材については次の項目で確認してください。

たぶん調理時間は2時間もかからないと思います。準備〜調理〜盛り付け〜食器洗いで2時間くらいかな。
スパゲティ以外はクックパットから選びました。どれも簡単で美味しいですよ。
超絶お手軽スパゲティは料理と呼ぶには抵抗があります、が、貴重な1品となりますのでご紹介する事としました。

用意する食材はこちら

なすチーズ焼

ひき肉 100g程度
なすび 1.5本くらい
にんじん 1/3本(大きさによっては余ります)
とろけるチーズ 3枚〜4枚

なす味噌炒め

ひき肉 100g程度
なすび 1.5本くらい
にんじん 1/3本(大きさによっては余ります)

豚肉と玉ねぎの生姜焼き

豚こま肉 200gくらい
玉ねぎ 1/2個
にんじん 1/3本(大きさによっては余ります)

超絶お手軽スパゲティ

スパゲティ 1束(100g)
市販のスパゲティソース

4品トータルでの分量

ミンチ 200g程度
豚こま肉 200g
なすび 3本くらい
にんじん 1本
たまねぎ 1/2個
とろけるチーズ 3枚〜4枚
スパゲティ 100g

お弁当のおかず用としての分量です。みんなでつまむおかずとして作る場合は分量を増やしてください。後、野菜の分量はサイズによって多少前後すると思います。
ミンチと豚こま肉をどれだけ奮発するかでコストが変わってくるのですが、ご覧のとおりごく一般的なスーパーで売っている食材ばかりなので普通に作ってもコストパフォーマンスが非常に高いです。まとめて作ることで無駄が減りますので、さらにコスパが良くなります。

用意する調味料はこちら

味噌
お塩
コショウ
しょうゆ(うすくち)
料理酒
みりん
砂糖
生姜(チューブ)
めんつゆ濃縮タイプ
ケチャップ
サラダ油
オリーブ油(お好みでサラダ油の代わりに)
パセリ

お弁当のおかずを意識していますのでにんにくは使っていませんが、どの料理もにんにくをお好みで加えるとより美味しくなるでしょう。

まずはタレを作ります

生姜焼きはタレに漬けておくので先にタレをまとめて作りましょう。
以下の調味料とまとめて入れてよくかき混ぜておきます。

なす味噌 生姜焼き
しょうゆ 大さじ2 大さじ1
みりん 大さじ1 大さじ2
料理酒 大さじ1 大さじ2
味噌 大さじ2 大さじ2
生姜チューブ 20gくらい
めんつゆ濃縮タイプ 大さじ2
砂糖 小さじ1

野菜をまとめてカットしてボウルに小分けしましょう

豚こま肉はカットしなても大丈夫だと思います。ちょっと大きいようでしたら炒める時に、千切りながら炒めます。
玉ねぎは薄切りです。
豚こま肉とカットした玉ねぎはタレに漬けてよく揉んでください。

にんじんは拍子切り(細切りも良さそう)
なすびはさいの目切り野菜カット画像

にんじんとなすびはなすチーズ焼となす味噌炒めに使います。
分量わけて別々のボウルに入れておきましょう。すぐに調理するのでなすを水につける必要はありません。

フライパンの火加減に注意

料理初心者が苦手とする(というか知らないだけ)のは火加減。
中火が基本で、気持ち弱めの火力がオススメです。
強火は野菜から汁が出やすくなりますし、焦げる可能性ありますし、熱いのでオススメしません。
下の画像も参考にしてください。
火の強さ画像フライパンにサラダ油を大さじ1程度入れて加熱します。
ここから調理がはじまります。少し忙しくなります。

スパゲティをゆがきます。

スパゲティは半分にカットして湯がいてください。
私は電子レンジでゆがける容器を使っています。

なすチーズ焼の食材を炒めます

フライパンが温まった頃に、ひき肉を100gを投入し色が変わるまで炒めます。(下図左)
次にカットしたなすびとにんじんを投入し、しんなりするまで炒めます(下図右)
塩・こしょうで下味をつけておきましょう。
炒めてる画像野菜に火が通ったら、小分けの耐熱容器に移し替えてオーブンで焼く準備にかかります。
100円ショップとかで売っているお弁当用の仕切り紙で大丈夫だと思います。
移し変えた画像ケチャップを入れてよくかき混ぜて、上にチーズをのせます。
チーズの量はお好みでのせましょう!
オーブンする前の画像オーブンを予熱で温め始めましょう。240度くらいに設定します。
待っている間に次の準備にとりかかります。

スパゲティの茹で時間をチェックします

この辺りでスパゲティが茹で上がると思いますので確認しましょう。
茹で終わっていたらザルに入れて十分に水気を切ってください。
ボウルに移し替えて、市販のパスタソースを投入しよく混ぜましょう。1品完成です。

もし、スパゲティがまだ茹であがっていない場合は次の手順に進んでも構いませんが、炒め物の途中で茹で上がると大変なので、少し待っても良いでしょう。

なす味噌炒めの食材を炒めます

なす味噌炒めで使う食材はなすチーズ炒めと同じ要領で炒めます。
塩・こしょうは使いませんが、お好みで使っても大丈夫です。しょっぱくなるかもしれないので入れすぎ注意です。
フライパンに少しサラダ油を追加して、ひき肉、野菜の順番に炒めます。
食材に火が通ったころにタレを投入します。
タレ投入ゆっくりと混ぜてタレと食材を絡めます。少し煮詰めても良いでしょう。
しっかりとタレを絡ませたら容器に移して冷ましておきましょう。2品目完成です!

オーブンが温まったら、なすチーズ焼きをいれます

使用するオーブンにも依存しますが、このタインミグか少し手前で予熱が完了すると思います。小分けにしたなすチーズ焼きを下図のように耐熱容器にまとめて入れてオーブンで焼きましょう。調理画像

チーズが溶ける程度に焼ければ完成ですが、少し待つことになりますので次に取り掛かります。

豚肉と玉ねぎの生姜焼きを作ります

フライパンを洗いましょう。なす味噌で使った後だと味が混ざってしまいます。
フライパンが綺麗になったところで、サラダ油を大さじ1程度いれて加熱します。
フライパンが温まりましたら、事前に漬け込んでおいた生姜焼き食材をまとめて投入します。
豚肉の色が変わるまでしっかり火を通します。
調理画像水気が多い場合は少し煮詰めて容器に移し変えて冷ましておきましょう。3品目完成です!

なすチーズ焼を確認します。

オーブンを覗いてなすチーズ焼の状態を確認しましょう。
目安としてチーズが溶けていたら完成なのですが、チーズによっては溶けにくいものがありますので、全体をみて焦げない程度に焼いてください。
完成したら取り出して冷まします。

終わりに

いかがでしょうか?ブログで読んでいるだけだとイメージが掴みにくいかもしれませんが、なるべく事前にシミュレーションをして段取りよく調理していきましょう。
事前準備として野菜カットやタレの準備を書きましたが、他にも容器やお皿も忘れずに準備しておきましょう。
段取りよく、スムーズにできた時の爽快感を味わうと癖になるかもしれませんね!