私がGoogle AdSenseの承認を得るまでの経緯をまとめました

3月 11, 2019ブログ作成

ここでは私が経験したGoogle AdSenseの承認を得るまでの経緯をまとめたいとおもいます。まず、すでに別記事にも書いていますが、私がGoogle AdSenseの承認を得るまでの流れをご紹介します。

2019年1月11日 ブログ開設

開設しただけです。全く無知でしたからプラグインやらテーマとかもわからずに、手探りのままスタートしました。

2019年1月14日 初投稿

とりあえず記事が投稿できる体裁は整いましたので投稿結果を見るテストも兼ねて初投稿しました。記事の内容は野菜炒めについてでした。

2019年1月15日 Google AdSenseへの初申請

その4時間後に不承認メールを頂きました。この時の理由は「サイトの停止または利用不可」でした。そしてその原因になかなか気づけず不承認を6回連続で受けます。

2019年1月26日 Google AdSenseの審査手続きが停止

ようやく「サイトの停止または利用不可」の理由に気付いて申請中にも関わらず対策してしまった結果、Google AdSenseへ申請したことがある人にはお馴染みの「アカウントの有効化」画面から変化しなくなりました。なんとなくそうなる理由は想像できたので別の方法にすれば良かった、もしくはNGメール受信後に訂正してから再申請すべきだったと少し後悔しつつもさらなる対策を考えます。

2019年2月7日 Google AdSenseを申請していたGoogleアカウントを削除

「アカウントの有効化」から進みませんので何か変化が欲しくて、とりあえずアカウント削除してみました。しかし、削除してもしばらくはアカウント情報が残ります。1週間くらい待ってからアカウント復活させてもGoogle AdSenseの承認画面は変化せず、、さて、どうしたものか

2019年2月22日 別のGoogleアカウントで再登録

これまで使用していたアカウントのまま継続するには(アカウント情報が消えるまでの)時間が必要と判断しました。もちろん待てないので別アカウント(アカウントB)で申請しました。

2019年2月23日 不承認メールを受信

これは単純に嬉しかったです。不承認なのであまり良くありませんが反応返ってきたのは大きな改善です。

この時の理由は「価値の低い広告枠」でしたので「サイトの停止または利用不可」については完全にクリアしたと判断。

そして一箇所ずつ思い当たるところを修正し再申請を繰り返しました結果、23日、24日、25日と3日連続でNGメール頂きました。

2019年3月3日 本来のアカウントAを復活

特にこの日にした理由はありません。今、復活させてみたらどうなる?という好奇心もあったので復活させました。復活させたアカウント情報(アカウントA)とGoogle AdSense申請中のアカウント(アカウントB)が同じためか元々かは同一認定されているアカウントです。

2019年3月3日 不承認メールがアカウントAにも届く

アカウントBの審査結果メールがアカウントAに届きました。そのメールから再審査ページを開くと異なるGoogleAdSenseコードが生成されていて、それ使って審査継続となりました。

アカウント情報は全く同じで操作端末も変えていないので同一認定得られるかな、と期待していましたが、まさかこんな短期間でなるとは思っていませんでした。

ここまで来るのに時間はかかっていますが良い流れを感じました。

もっともまだ承認されていませんので、ブログを手直しして再審査を依頼しました。

2019年3月4日 不承認メールが届きました。

この日もNGメールでした。

2月22日の再申請以降、不承認理由は一貫して「価値の低い広告枠」です。心当たりを一つずつ修正していっていよいよ残すところ一つとなりました。これがダメだと根本的に見直す覚悟で再審査を依頼、、

2019年3月6日 承認されました

これはつまり3月4日に行った作業が正解でした。長々と書きましたがGoogle AdSenseから指摘を受けたのは大きく分けて2つです。さぁ、私は一体何を訂正したのでしょうか?

内容が長くなるのでページを分けました。続きは以下の記事でご覧下さい。