WordPressを使う為の準備編

2月 21, 2019ブログ作成

ここまでの流れでWordPressを使うのに必要な物が整いました。
ここらからそれぞれの設定については確認しましょう。

ここではバリュードメインとConoHa WINGのドメインに関する設定、WordPressのインストール、ConoHa WINGのWordpressに関係する設定そしてWordPressの設定についてもう少し詳しくご紹介します。

レンタルサーバーやドメイン管理会社によって操作方法は異なりますし、この記事は2019年2月に作成していますので同じレンタルサーバー、管理会社をお使いの場合でも、操作方法が変わっているかもしれません。でも、やりたい事はだいたい同じだと思います。

ちなみにiPhoneで設定するのはかなり難しいです。画面を横にする事でできる事もありますが、PC使った方が断然楽です。

ConoHa WINGと取得したドメインを紐付ける

レンタルサーバーで独自ドメインを使用するには、それぞれを紐付ける必要があります。ConoHa WINGでの設定は非常にシンプルでした。

ConoHa WINGでの設定

ConoHaコントロールパネルにログインします。
1.上段にある「WING」をクリック
2.画面左にあるメニューより「サーバー管理」をクリック
3.中央メニューより「ドメイン」をクリック

コノハ画像

開いた画面の右上らへんにあるコノハ画像をクリック

「新規ドメインを追加」を選択し、ドメインを入力します。「独自無料SSL」は「利用する」を選びます。

コノハ画像

ネームサーバーは「サーバー管理」から「契約情報」を選択します。
「メール/FTP/ネームサーバー情報」をクリックすれば確認できます。覚える必要はないと思いますが、、

コノハ画像

バリュードメインでの設定

バリュードメインのコントロールにログインします。
メニューより「ドメイン」から「ドメインの設定操作」を選択

バリュードメイン画像

開いた画面より「ネームサーバー」をクリックします。
余談ですが初めコレがリンクボタンとは気づけませんでした、、

バリュードメイン画像

ネームサーバー1に、ns-a1.conoha.io
ネームサーバー2に、ns-a2.conoha.io
他のネームサーバーは空白のまま、「保存する」をクリック

バリュードメイン画像

以上です。想像しているよりもずっと簡単で特につまずくことなくサクサク進みました。が、バリュードメイン側でネームサーバーの処理が完了するまでは繋がりませんので、ここで一休みするか、WHOISの設定を確認しておきましょう。