WordPressインストール編

2月 22, 2019ブログ作成

いよいよWordPressをインストールします。インストール時のちょっとした注意点と、やっておいた方がいい設定、そして私の失敗談をご紹介します。
ここまでつまずく事なくサクサク進めたのですが、私の確認不足と操作ミスで余計な手間が発生してしまいました。

WordPressをインストールする

WordPressをインストールするのは簡単です。ConoHaコントロールパネルにログインして下記メニューへ進みます。
1.WINGを選択
2.サイト管理を選択
3.サイト設定を選択
4.アプリケーションを選択

登録したドメインが表示されていない場合「切り替え」をクリックしてドメインを切り替えましょう。

コノハ画像

アプリケーションのところを右にスクロールさせると、「+アプリケーション」がありますので、クリックします。

コノハ画像

WordPress登録画面が出てきます。
バージョンは特別な理由がない限り最新がいいでしょう。wwwの有無は完全にお好みで
インストール先を選びます。

インストール先

ん?インストール先?
初めての人が悩むポイントだと思います。Webを見ていると空白をオススメするサイトが多いようですが、レンタルサーバーはサブディレクトリをすすめているところが多いようです。
ConoHa WINGではデフォルトでサブディレクトリに何も入力されていません。さぁ、どうしましょうか?

WordPressのインストール先について考える

インストール先の結論

先に結論から、WordPress初心者は「空白」がおすすめです。色々慣れて欲が出てきた時は新たに構築しなおしましょう。

インストール先空白

もっと理由が知りたい方は次の項目を、先に進みたい方はその次の項目へ進んでください。

インストール先をサブディレクトリにした私の場合

私のケースをご紹介します。ちなみに私は何も考えずサブディレクトリに「home」と入力してインストールしました。そして積み重なるミスによりWordPressログイン画面すら表示されなくなりました。。

まず、サブディレクトリにインストールした状態を確認しましょう。ConoHa WINGコントロールパネルからファイルマネージャーを覗くとディレクトリ構造が確認できます。実はこれ非常に便利な機能です。

ディレクトリ
ディレクトリ

将来、mt-ktct.comに何か追加する時、サブディレクトリを作ってアプリケーション単位でフォルダがある方が管理しやすいらしいです。パソコンのフォルダ分けと同じ発想ですね。
で、初心者の私がいきなりWordPress以外のアプリをいれるような事はなく、WordPressを使っていく上で他に何かいれる必要もありませんでした。なので私にはらしいとしか言えません。

サブディレクトリの有無で大きく変わるのはWordPressにアクセスする時にサブディレクトリも入力する必要があるかどうかになります。

  • https://mt-ktct.com/では何も表示されない
  • https://mt-ktct.com/home/で表示される

誰かにURLを伝える時はhttps://mt-ktct.com/home/としなければなりません。せっかく独自ドメインを取得したのに、、homeの有無は少しの差ですが無くせるのなら無い方が良いと思いました。

これも勉強だと思いWordPressを始めから作り直すことはせずにhttps://mt-ktct.com/home/にアクセスした時にhttps://mt-ktct.com/を開くように設定する事にしました。が、この設定が私には厄介でブログが表示されないどころかWordPressログイン画面さえ表示できなくなりました。詳しくは別の記事にまとめます。

今では設定も無事完了しhttps://mt-ktct.com/でアクセスできるようになりました。記事のリンクにもhomeは出てきません。ただ、画像リンクを見て頂くとhomeありますよ。

画像のリンク

残りの項目を埋めて登録します

インストール先が決まりましたら、サイト名、メールアドレス、ユーザー名、パスワード、データベース名、データベースのユーザー名とパスワードを埋めます。

コノハ画像

ここで入力したメールアドレスもしくはユーザー名とパスワードを使ってWordPressにログインします。ConoHa WING、バリュードメイン、Wordpress、G mailと短期間でIDとパスワードが沢山増えますが忘れてしまう事が無いようにしっかりメモしておきましょう。

データベースの「?」はこんな内容です。

コノハ画像

すべて埋まりましたら保存をクリックします。

コノハ画像

画面左下に「成功しました」が出ましたか?
細かい部分ですけど、何か操作をした時にその結果が表示されるのは良いですね。

この手順でやれば、http⇒httpsへのリダイレクト設定も完了しています。ちょっと一息ついてからWordPressの設定をやりきりましょう。

WordPress管理画面にアクセスする

ConoHa WINGコントロールパネルのアプリケーションのところにインストールしたアプリケーションが表示されます。先ほどインストールしたWordPressをクリックしましょう。

コノハ画像ワードプレス

管理画面URLがあります。クリックしましょう。

コノハ画像ワードプレス

WordPressインストール時に設定したメールアドレスかユーザー名とパスワードを使ってログインしましょう。WordPress管理画面は頻繁にアクセスするのでブックマークも忘れずに

ワードプレスログイン画面

おめでとうございます。これでWordPressが使えるようになりました。次はWordPressの設定についてご紹介する予定です。